レジンの気泡・バリ・傷の修正方法はどうする?宝石の雫は使える?

レジンアクセサリーのバリや気泡の修正方法レジン

ハンドメイドでレジンアクセサリーを作っていて、UV/LEDライトで硬化中に浮き上がってくる気泡(ToT) レジン液はライトで硬化すると高温になるので、中に潜んでいた小さな気泡が上昇してくることがあります。

この記事で分かること
・レジン液の気泡取り
・レジンアクセサリーの気泡抜き・修正
・レジン表面の傷消し(傷埋め)やバリの修正方法
スポンサーリンク


レジン液の気泡を取り除く方法

クリアのレジン液を使用する時は、レジン液のボトルを斜め45度にして逆さにしておくと、比較的気泡が入らないクリアーなものを調色皿やモールドに流し込むことができます。

しかし、レジン液に着色をする時は調色スティックや爪楊枝などでかき混ぜるので、気泡が入ってしまうことがよくあるんです。

レジン液の気泡

時短で取り除く方法

レジン液の気泡を爪楊枝やピンセットでつまんで取り除くエンボスヒーターを使用することで、目だった気泡は取り除けます。

エンボスヒーターについての細かい説明はこちらを参考にしてください。

時間をかけても良いからできるだけ気泡をなくしたい時は、モールドなどに流し込んだら紫外線などで固まらないようにアルミホイルでカバーをし、一晩置きます。気泡はエアーなので、時間が経つと上に上がってきて自然消滅します。

ここまでが下準備。それでも、バリや表面の傷ができることも多々ありますよね。

レジン作品のバリ・気泡の修正

海をイメージした作品を作りたくて、レジンの気泡もデザインの1つにしたいこともありますよね。でも、硬化した表面を見たら気泡が浮かび上がってしまった(;´д`)トホホ

レジンアクセサリーのバリや気泡(修正方法)

こういうやつです。

レジンアクセサリーのバリや気泡(修正方法)

正面から見るとこんな感じになっています。これを修正していきます。

スポンサーリンク


レジン表面の傷消し・修正に必要な工具や材料

表面を削る工具が必要になります。

レジンアクセサリーバリ・気泡の修正用工具

使用するのはニッパー、ヤスリ(100均で購入)、紙やすり1000番(目が細かい)です。

レジンアクセサリーのバリや気泡(修正方法)

ヤスリは数字が小さいほど粗くなっていきます。粗いヤスリで削っていくのが確実ですが、私の場合は大きい気泡はニッパーで少しずつ切り落としてしまいます。一気にいくと失敗した時の傷が痛いので、少しずつ少しずつですよ。

レジンアクセサリーのバリや気泡をやすりで削る(修正方法)

次に、表面をより平らにするためにヤスリで削っていきます。これも削りすぎないように少しずつ様子を見ながら削ります。

レジンアクセサリーのバリや気泡の修正方法

ポチっとできていた気泡の部分が削れました。

レジンアクセサリーのバリや気泡の修正方法

最後に1000番のヤスリで表面を滑らかにしていきます。

耐水ペーパーの紙やすりを目の粗いものから細かいものまで何種類か持っていると、表面を仕上げる時に楽ですよ。

気泡が浮かんできてしまった箇所や、バリができてしまったところはヤスリで削ってくださいね。

仕上げのコーティングは?

ここから再度、レジン液でコーティングしていきます。
レジンアクセサリーのバリや気泡の修正方法
この時のポイントは、削った所だけでなく前面にレジン液をコーティングします。全部塗り終わったら、目線に作品を持っていき塗りむらができてしまわないように確認をします。
レジンアクセサリーのバリや気泡の修正方法
こんな感じで修正できました。
スポンサーリンク


ちょっとしたレジンの傷には星の雫グロス!

ず~っと気になっていたのですが、とうとう桃つも購入しました。「星の雫 グロス」

レジンアクセサリーのバリや気泡の修正 宝石の雫グロス

別売りのポンポンアタッチメントも購入。写真は、既にポンポンを装着してます。

硬化したレジン表面の傷消しツヤ出しに効果を発揮するとのこと。早速検証してみます。

表面に傷のついたレジンアクセサリー

レジンアクセサリーに千枚通し(キリ)で傷をつけました。写真の赤丸部分になります。表面に傷のついたレジンアクセサリーを修正

宝石の雫グロスをポンポンと塗っていきます。この時、傷ついている部分だけでなく全体にポンポンしました。

表面に傷のついたレジンアクセサリー

ポンポンした直後の表面。表面が粗くなっていて本当に修正できるのか不安になりました。ポンポンアタッチメントも購入する必要があったのか?と思うくらい。

待つこと2分。そのデコボコな感じの表面がどうなったかというと

レジンアクセサリーのバリや気泡を星の雫で修正

あら不思議、滑らかになってる!
表面の様子をしっかり撮影したかったので、あえて光を表面に反射させています。結構、ツルツル感でてますよね。

レジンアクセサリーのバリや気泡を星の雫で修正

表面の傷が消えてますね!(^^)! 深い傷の時は、ヤスリで削って滑らかにしてから宝石の雫グロスをポンポンすると良いです。

宝石の雫は、UV/LEDライトで硬化させる手間がない手軽さ。ただし、自然乾燥で15分から30分ほど時間が必要になります。

今まで作ったレジン作品が傷ついた時の修正にもつかえるので、1本持っているとお助けアイテムになりそうですよ。

宝石の雫グロスで修正したレジンのその後

修正して乾燥した時は「わーいわーい、修正出来た」と思ったのですが、3日後にもう一度レジンの様子を確認してみると、あらま、ちょっと傷がでてるじゃない!

レジンアクセサリーのバリや気泡の修正 宝石の雫グロス

普通に見たら傷は目立たないのですが、こんな風に斜めにして光に当てると傷が出ちゃってます。

実際に、こんな風に見る人は少ないのでしょうけど(正面から見たら問題ないし)、でもやっぱりどうしても直したい!ってことで、

傷の入ったレジン、耐水ペーパー、宝石の雫グロス

ここは磨きに徹することに。今回も耐水ペーパーのやすり1000番を使います。

個人的に1000番て細かいと思ったのですが、2000番のやすりもあるので2000番も揃えると良いです。写真には入ってませんが、我が家にはガンプラ作りに熱心なだんなと息子がいるので、2000番のやすりもありました。

耐水ペーパーのやすりは、レジンとやすりの両方に水をつけて磨きます。

やすりで磨いたレジン

磨きの途中ですが、傷ついたところだけでなく全体に磨きをかけます。これが、結構地味で大変な作業かも

1000番で磨いたら2000番。ここまでやればいい感じ。磨き終わったら、水洗いして柔らかい布で拭きます。

レジンアクセサリーのバリや気泡の修正 宝石の雫グロス

そして再度、宝石の雫グロスを塗っていきます。

宝石の雫グロスで修正したレジン

クリア感はもどってきました。傷はやすりでしっかり削っているので、もう斜めから見ても問題なし!

宝石の雫グロスで修正したレジン

モールドから取り出した後のバリ取りや修正は、結構手間がかかります。でもこれがあるとないとだと作品の出来が違ってきますよ。修正して数日たっても表面はきれいなままです。これで完成!かな。

レジンのバリ・傷の修正 まとめ

UV/LEDライトで硬化した後の傷やバリは、ヤスリできれいに削ってからレジン液を塗りなおすことでかなりきれいに消すことができます。

レジン液、宝石の雫グロスの他にもツヤ出しニスを使用してコーティングして修正できるようです。ニスも宝石の雫グロス同様、UV/LEDライト不要、塗った後は極力触れないようにして時間を置いておくだけなので、手軽に修正できそう。

ガンプラ用タミヤのプラモデル用ニスがであるので、こちらも検証してみたいと思います。

作品作った後で、レジンの傷やバリをみつけてもがっかりせずに修正してみてください。

スポンサーリンク


レジン
スポンサーリンク
桃 つゆみをフォローする
スポンサーリンク
手作りアクセサリー初心者からハンドメイド作家をめざそう

コメント

タイトルとURLをコピーしました