レジンアクセサリーを作る時に役立つ小道具はこれよこれ!

レジンで使える安価な小道具紹介レジン

レジンでハンドメイド をする時、実はこんな道具があったら効率よく作業ができちゃうんです!という小道具、しかも安価で揃えられるものを紹介します。

この記事で分かること
・レジン作業で目からウロコの小道具
・効率よくレジン作業すなら複数の調色皿(シリコンパレット)持ち
スポンサーリンク


レジン液を上手に使いこなそう!

レジン作業で絶対に必要なのがレジン液!当たり前のことなんだけど。。。

レジン液の出し方一つで作業効率が違ってくるんですよね。気泡を入れちゃうと爪楊枝で潰したり、小さじで気泡をすくったり、手間が増えてしまいます。

レジン液、逆さま斜め45度置き。これをすると気泡が上に上がっていくので、モールドやレジン枠に出す時に気泡が出にくくなるんです。

レジン液の45度逆さま置き

作業用に使っているこのケースは100均で購入したものです。

そして、私が愛用しているのがパジコの「星の雫」。他にも清原レジン液も使うのですが、メインは星の雫を使ってます。

レジン液の使い心地も良いのですが、こんな小道具を使うことができちゃうんですね。

レジン液星の雫のアタッチメント

このアタッチメントですが、あたくしも最近使い始めたんです🔰

ちょっと目からウロコでした。

レジン液星の雫のアタッチメント

だから、レジン液がなかなか行き届かないような爪楊枝を使って流し込むモールドなんかに最適なんです。

また手にしているヘラタイプは、押し花・ドライフラワーが筆なしでコーティングできちゃう優れもの。他にもシールなんかのコーティングも時短でちゃちゃっとコーティングできちゃいます。

使い方は、星の雫の先に取り付けるだけ。

レジン液星の雫の出し口

写真のレジン液は25gのボトルノズルですが、他のサイズ100g、200gなどのボトルノズルも25gと同じサイズなのでどれにも装着可能。もちろん、ソフトレジンにも装着できます。

注意書きに25gのボトルノズルに装着可能ってあったから、思わず購入しちゃいました(いつもは200gを愛用)。

レジン液星の雫のアタッチメント

細ノズルには2種類あり、先が短いものと長いものがあり。モールドに高さがあるものはノズルが長いものが使いやすいですね。

↑の写真は短い細ノゾル。

レジン液星の雫のアタッチメント

こちらが長いノゾル。拡大写真にしてるので大きく見えますが、細かい作業もかなり丁寧にこなしてくれます。

気泡もボトルを逆さ置きにしておけば入りにくいのですが…ノズルつけてる時は45度置きがちょっと難しいかも。でも普通に作業するよりも気泡は入りにくいかな(個人的意見一部ありww)。

レジン液星の雫のアタッチメントヘラ

アタッチメントを取り付ける時には、レジン液のボトルノズルのレジンを拭き取ってから装着してください。

また使い終わった後ですが、意外とお手入れ簡単です!

アタッチメントをノズルから取り外し、UV-LEDライトで当ててレジンを効果させます。針などの細い棒を先端に入れると、硬化したレジンがぽろっと取れます。

ちなみに私は針ではなくTピンを使ってお手入れしてます。

アタッチメントの素材はポリプロピレンなので、レジンが固まってつまっちゃった💦なんてことがないんです

アタッチメントは小さくて安価で購入できますが、作業効率は大きく上がると思いますよ。

パジコの公式ホームページで使い方動画があったので、こちらでもその効果を確認できますので、チェキラッチョ🤩

スポンサーリンク


おすすめのレジン調色スティック

レジン液を着色する時や、細かい作業をする時に活躍するのが調色スティック。

私もパジコの調色スティックにとてもお世話になっています。

本来の調色スティックは、こんなにきれいで先が尖っているのですが

ヘビーに使っているため、こんな感じになってきました。

パジコの調色スティック

毎回、使用したらティッシュやアルコールティッシュで拭き取っているのですが、色が着色してますね(;´д`)トホホ

パジコの調色スティック

先が尖っているはずのこの部分には、レジンが固まってしまいドラムスティックのように。。。

とはいえ、気づけば約1年近く使ってますしね~。2本で400円前後の調色スティックをここまで使いこめば、調色スティック冥利に尽きるのでは…と勝手に思ってみたり。

調色スティック、かなり使えます。そして、おすすめしたいのがこちらのスティック。

シリコンのレジン用調色スティック

このスティック、筆先がシリコンなのでしなやか。

レジンが固まってもお手入れが超簡単なんです。本来ならネイル用の筆らしいのですが、ネイルで使える道具はレジンでもできる子認定もらえるもの多い。

シリコンのレジン用調色スティック

シリコンでいい感じにしなるので、レジン作品のコーティングやデコレーションでも力を発揮してくれます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[訳アリ] シリコンブラシ【ジェルネイル デコ レジン ジェル ブラシ・筆】
価格:162円(税込、送料別) (2020/11/25時点)

楽天で購入

 

 

購入したのはこちら。訳アリで安かったので、どどんと3本大人買いww

届いたシリコンブラシ、どこが訳アリなの?と思ってしまうほどしっかりしてました。中のストーンの量が多少違ってはいましたが、使い心地は全然ノープロブレム。

3本大人買いしなくても、1本あるといいかもですよ。

スポンサーリンク


レジンの調色皿は脱100均

レジンに着色をしたり、シェルと混ぜたりするときに活躍するのが調色皿なのですが、別に調色皿がなくてもお弁当カップでもいいんです!そう思ってました。

桃つゆみ、100均レジンの紹介でそのようなことを書きましたし、実際にお弁当カップ使ってた時期も長かったですし。

でも100均のCan★Doで見つけた調色皿(シリコンカップ)を使ってから、お弁当カップを使えなくなったんです。

レジン初心者におススメのアイテム100均のシリコンパレット

1個100円(正確には110円)、大人買いに走ろうと思った時には店頭から悲しいかな姿を消してました(復活してるところもあるかもですが)。

調色皿でレジン作業を効率化する

エンボスヒーターを使う時にも、お弁当カップだとすっ飛んで行ってしまうんです。でも、調色皿だと飛ばない!
そして温風で温められてさらさらになったレジン液をモールドやレジン枠に流し込むのにも、注ぎ口が付いてるからラクラク。

もう、これ「神」じゃん!とか思っちゃいました。

ちなみにパジコの調色皿は、素材がシリコンではないのでお手入れがちょっと大変。レジンの名店、パジコであっても、まれに私は使いにくいと思うものもあるんですねぇ。。。

そうしたら、レジンのGreen Oceanで10個売り発見!

 

というか購入した後で10個売りを発見しました。私が購入したのは2個セットのものを4つ。全部で8個。

 

先に10個セットに気づいてたら…そちらを購入してました。

100均の道具も本当に使えるものも多いのですが、チェックしていくと100均よりも安いものもあるので、調色皿(調色パレット)を大量買いしたい方、こちらをしつこくおすすめしますww

レジンを効率化するシリコンカップ

レジン作業を効率化する小道具まとめ

以前から、レジンで作品を作っていて「これは使える小道具!」をどこかで記事にまとめたいと思ってました。

レジンで作品を作る時、代用品で用が足りてしまうことがあるのですが、これから先も長く続けたいと思われるなら、是非とも今回紹介した小道具を手にしてみてはいかがでしょうか。

どれも1コインで購入できてしまうのですが、なかなか実店舗だとお高くなってしまうかも。こういうところはネットショップを活用してみてください。

これからも使える小道具があったら、追記していきますね。

スポンサーリンク



レジン
スポンサーリンク
桃 つゆみをフォローする
スポンサーリンク
手作りアクセサリー初心者からハンドメイド作家をめざそう

コメント

タイトルとURLをコピーしました