チェーンネックレスは既製品と手作り、どちらが安い?小判チェーンで検証

チェーンネックレスは既製品と手作りbasic

チェーンネックレスは既製品派?手作り派?作り方は?

アクセサリーパーツショップに行くと、既製品のチェーンネックレスが売られています。種類も以前と比べて豊富ですし、お値段も安い!

でも、折角ハンドメイドにこだわりたいからネックレス部分も手作りしたいと思われたり、値段が大きく変わるなら手作りする!という方もいると思います。

チェーンの種類にもよりますが、小判チェーンで一番安い方法や手間などを検証しました。

スポンサーリンク


既製品のチェーンネックレスの価格は?

既製品のチェーンネックレスには、長さが38㎝の短いものから60㎝を超えるものまで様々ですが、今回使用したのは一般的な長さの50㎝の小判チェーンのネックレス。

小判チェーンとは、1コマ1コマが縦と横に交互に連なっているため、コマが細く繊細な感じになります。

小判チェーンの解説

50㎝というと、チェーンが鎖骨あたりにくる感じになります。

タートルセーターの上につけても、直接素肌につけても違和感なく使える長さだと思います。

既製品のチェーンネックレス、パーツクラブで購入

写真のネックレス、パーツクラブで購入しましたが、なんと180円(税抜き)です。

正直、安いと思いました。

チェーンネックレスのアジャスター部分

ポイントにしたのが、ネックレスのアジャスター部分。

カニカンになってます。あ、カニカンていうとあっちの食べるカニ缶て思っちゃいますよね(;´∀`)

チェーンの輪を留める、引っ掛ける部分がカニの爪に似ているのでカニカンと言われています。

ネックレスの留める部分をカニカンにする場合と、ヒキワにする場合があります。もう、これはその人その人の趣味になるかと思います。

既製品のアジャスター部分は、しっかりとしたものになってますし、大きいチェーン部分のエンドにも可愛らしいメタルの飾りがついていて素敵。

ショートヘアーの人以外は髪に隠れてしまうのですが、こういうお洒落にも気配りしてあるのが良いです👍

使用するネックレスの長さや材質にもよりますが、既製品のものだと200円前後といったところでしょうか。

チャームやアクセサリーを通したい時は

出来上がったチェーンだと、チェーンにチャームやアクセサリーを後から通すことが難しいです。その時は、カニカンやアジャスターチェーンを留めているCカン(丸カン)を開いて外してください。

そこからチャームやアクセサリーパーツを通すことができます。

スポンサーリンク


手作りチェーンネックレスの価格は?

チェーンネックレスを作るとなると、 材料から準備が必要になります。

初心者さんにおススメ、ヤットコでチェーンに留めるだけの2工程バージョンを紹介します。

★準備するもの★
・ヒキワ(カニカン)アジャスターセット 1つ  58円
・チェーン 49㎝            1本 約108円

★必要な工具★
・平ヤットコ

アジャスターセットというものが販売されてます。

ネックレスのアジャスターセット

写真のようなパーツが2セット入っていて(こちらは貴和製作所で購入)税込み116円です。1セットなら58円ですね。

アジャスターパーツは1組のみ80円前後で購入することもできます。
チェーンも貴和製作所で購入した小判チェーンですが、1mで税込み216円だったので50㎝利用として108円。全部で166円になります。チェーンは下の写真で確認してくださいね。
既にアジャスターパーツにはチェーンにつなげる丸カンがついているので、ヤットコで広げてチェーンにつなげてください。

やることはこれだけです

f:id:keep-smiling-keep-shining:20190102201735j:plain

何かチャームをつけたい場合は、チェーンにアジャスターを付ける前に先にチェーンにチャームをセット(通)してくださいね。

留めてしまってからチャームをつけようと思っても、ヒキワやメタルパーツがチャームの輪の部分より大きいと通すことができません。

スポンサーリンク



閉じてしまった後で、もうやり直ししたくない、でもチャームはつけたい!という場合は、バチカンという優れたものもあります。こちらをお使いください。

もうひと手間かけて、ネックレスを作りたい場合は

★準備するもの★
・チェーン 49㎝        1本   108円
・ヒキワ(カニカン)5.5㎜  1個  20円前後
・ダルマ板 1枚  4㎜   1個    5円前後
・Cカン 2個              1円前後

★必要な工具★
・平ヤットコ

手持ちにカニカンのパーツがなかったので、ヒキワを使いました。

もしCカンがなければ丸カンでも代用できます。

チェーンネックレスを作る時の材料

写真下左の青い四角は、アジャスターパーツになります。

写真下右の赤い四角は、左からダルマ板、ヒキワ、Cカン2個になります。

パーツ代だけだと全部で約134円になります。

もしアジャスター用のチェーンが必要であれば、4㎜から5㎜くらいのCカンをつなげて作ることが可能です

私は、自分用としてチェーンからネックレスを作る場合はアジャスターチェーンは使わないので、なしでの作り方を解説します。

作り方は簡単で、チェーンの端をCカンで留めて、片方にはヒキワ、もう片方にはダルマ板をつけるだけです。

f:id:keep-smiling-keep-shining:20181227112132j:plain

チェーンの端にCカンや丸カンをつけるときに、チェーンのコマが小さくて入らない場合があります。その時は、目打ちでぐりぐりっとチェーンのコマを広げてください
少し力を入れないとコマは広がりませんが、力が入りすぎるとコマが切れてしまう場合があるので気を付けてください。

丸カンよりもCカンの方のが径が小さいので、小さめのCカンを利用したりする方法もあります。

既製品と手作りチェーンネックレスのまとめ

チェーンネックレスを準備するときに、一番安い方法は全てパーツでつなげて作る事だと分かりました。しかし、ヒキワやダルマ板、Cカンや丸カンは、1個売りはしていません。10個単位で販売されていたり、Cカンなどは100個単位での販売になります。

もし、ネックレスのチェーンだけ欲しい、他にハンドメイドで何かを作る予定がないというのであれば既製品のチェーン、もしくはアジャスターパーツを購入するのが安くなります。必要なものだけ購入し、1回完結にするとパーツの管理もしないので楽です。

お好きな方を選んでみてください。

スポンサーリンク



basic
スポンサーリンク
桃 つゆみをフォローする
スポンサーリンク
手作りアクセサリー初心者からハンドメイド作家をめざそう

コメント

タイトルとURLをコピーしました