初心者でも簡単に作れるハーバリウムボールペン!100均材料ならこれ

初心者でも簡単ハーバリウムボールペンの作り方works

ハーバリウムは枯れないお花として人気があり、母の日のプレゼントにする方も増えてきました。ハーバリウムはインテリア用のものだけでなく、ボールペンのような日用品の装飾にもなります。しかも初心者でも簡単に作ることができるので、ちゃいます。

この記事で分かること
・ハーバリウムボールペンのキットの中身
・ハーバリウムボールペンの作り方
・100均の材料で作るハーバリウムボールペン

スポンサーリンク


ハーバリウムボールペンのキットとは

余分なハーバリウムの材料を購入する必要がないボールペンのキットがあります。

私が購入したキットがこちら▼

 

ボールペンのボディの色は選べますがお花の種類は選べません。
実際に送られてきた内容です。

ちなみにボールペンの芯の色は安定の「黒」、しかも予想以上に書きやすいww

初心者用ハーバリウムボールペンの材料

それ以外に、自分で準備する材料がこちら▼

ハーバリウムボールペンの道具

ウェットティッシュの他に、ティッシュペーパーがあると良いです。100均で購入できる接着剤でも可。

ハーバリウムオイルは粘度が高い液体なので、こぼれた時はティッシュやアルコール除菌ティッシュだとキレイに拭けます。

ハーバリウムボールペンの作り方

初心者の方でも簡単に作れるようにキットの中には作り方レシピも入っているので、それを見ながら作っていきました。

ハーバリウムボールペンキットの花

ボールペンの出来上がりを左右するドライフラワーの中身です。

ドライフラワーの茎など余分だと思われるところは、最初にハサミでカットしておき、お花を最初にどの順序で入れていくかを考えていきます。

ハーバリウムボールペンの作り方

こんな感じかなというのが決まったら、最初に少量のハーバリウムオイルをキャップの中に入れて、次にお花を入れていきます。

ハーバリウムボールペンの作り方

ピンセットや爪楊枝をつかってお花の位置を調整。

ハーバリウムボールペンの作り方

オイル→花→オイル→花を交互に入れていくのには理由がありまして、最初に花を入れてからオイルを入れるとオイルの粘度が高いので、オイルがなかなか下まで行き届かず、オイルを満たすのに時間がかかってしまうからです。

ハーバリウムボールペンの作り方

オイルを入れたら、しばらく上に向けて放置。

キャップが倒れないように、私は洗濯バサミを利用。こうしておくと、オイルの中の気泡が上がってきてくれるので。

ハーバリウムボールペンの作り方

青矢印のような気泡がちらほら。上に上がってこない時は、爪楊枝などでツンツンしてみてくださいね。
あまりやりすぎると、お花が傷つく可能性もあるので注意が必要です。

ハーバリウムボールペンの作り方

中栓をします。中栓やキャップについたオイルはしっかりと拭き取ってください。

オイルは、できるだけキャップ内一杯にいれると出来上がりがキレイです。

ハーバリウムボールペンの作り方

画像丸枠のように、中栓とキャップを接着剤で固定。ちょっと多めに入れると、ボールペンのボディ部分の接着になります。

メタルリングをキャップに入れたら、ボディを接着

ハーバリウムボールペンの作り方

▲赤丸部分のように接着剤がはみ出るので、素早くティッシュやアルコール除菌シートで拭き取ります。

作業は、以上になります。私も初めてハーバリウムペンを作りましたが、作業時間は20分もかかりませんでした。お花のデザインで悩まれる方は、もう少し時間かかるかもしれませんね。

ハーバリウムボールペンのキット

ハーバリウム部分をアップにするとこんな感じです。

初心者でも簡単に作れるハーバリウムペン

スポンサーリンク


100均の材料で作るハーバリウムボールペン

100均でもハーバリウムボールペンの材料が買えます。

私が購入したのは、横浜ベイクォーターの中にあるセリア。

ハーバリウムオイルは1個50gなので、ボールペン2個分のオイルはあります。

初心者が作る100均のボールペン

その他に必要な道具や材料は、先ほど紹介したものと一緒です。

ハーバリウムボールペンの道具

今回装飾に使用するのは、ドライフラワーではなくオーロラビーズ。

初心者でも作れるボールペンの材料

この中から3色選びました。

100均のオーロラビーズ

このオーロラビーズ、色味も良いんですけどお花の形していて可愛いんです。

100均のハーバリウムペン材料

100均のペンもボディ、キャップ、メタルリング、中栓が入って1セット。

初心者でも作れるハーバリウムペン

最初にデザイン(入れる順番)を決めます。決まったら、オイル→オーロラビーズ→オイル→オーロラビーズの順番で入れていき、最後に中栓をしめて接着剤で固定で出来上がり。

キャップの中にオイルを入れる時は、スポイトや調味料入れを使うと入れやすいですよ。

ハーバリウムオイルを入れる容器

オイルは袋に入っているので、細いキャップに入れる時はこぼれやすいのが難点。

私はお弁当に入れる使い捨て容器にオイルを入れて、そこに調味料を入れる容器(先が細い物)に入れ直して使いました。これなら、余ったオイルも保存できます。

100均の材料で作ったハーバリウムボールペン

100均の材料だけでも可愛いハーバリウムボールペンができあがりました。

もう1本も100均の材料などを使って作ってみましたよ。

100均のパールファイバー

100均の材料で購入したパールファイバーも手元にあったので、こういうアイテムも活用。

初心者でも簡単に作れるハーバリウムペン

こんな感じにしてみました。

初心者でも簡単に作れるハーバリウムペン

パールファイバーは、一番下に少し入れてみました。

そして3本を並べた画像です。

初心者でも簡単に作れるハーバリウムペン

真ん中がキットになっていたもので、両端が100均の材料で作ったハーバリウムペンです。

普通に使ってもお洒落ですが、光にあたるとオーロラがいい感じにキラキラします。

ハーバリウムボールペンまとめ

初心者でも簡単に作れるお手軽さ。ハーバリウムボールペンの材料は、100均でも置いているところが少ないので、興味がある方は見つけたら即買いがおすすめです。

あと100均は、ドライフラワーを使う場合は何種類か必要になってきます。

100均セリアのハーバリウムのドライフラワー

色合いとか考えて購入すると、数種類のドライフラワーが必要になるので、100均といえどなかなかの金額になってしまいます。1本だけ作ってみたいという方は、キット売りがおすすめかも。

母の日や敬老の日に、ちょっとした手作りプレゼントをしたい方には、この手頃感が良いですよ。

ハーバリウムボールペンを手作りしようと思いつつイベントに間に合わない時は、素敵なハーバリウムボールペンを購入するという選択肢もありますよ。

名前やメッセージがレーザー彫刻で入れられるのもおすすめポイントですが、午前11時までにオーダーすれば当日発送なので、間に合わない(;’∀’)が回避できると思います。

 

 

100均で作るハーバリウムの記事もまとめてます。良かったらこちらもお立ち寄りください。

スポンサーリンク


works
スポンサーリンク
桃 つゆみをフォローする
スポンサーリンク

手作りアクセサリー初心者からハンドメイド作家をめざそう

コメント

タイトルとURLをコピーしました