ハンドメイドアクセサリーを簡単にラッピングするアイデアは?

ハンドメイドアクセサリーの簡単な包装ラッピング方法works

ハンドメイドアクセサリーを販売したりプレゼントをするときに、ラッピングにお困りになることありませんか?

クリスマスや誕生日などの特別なプレゼントのラッピングも、どうしようかなぁと思われるかたいるかと思います。

そんな時にお役立ちなのが魔法のラッピングペーパー。どんな魔法が隠されているのか紹介すると、のりもテープも使わずに簡単ラッピングできる使える子なんですよ。

この記事で分かること
・ちょっとしたラッピングを簡単にする方法
・魔法のラッピングペーパーの使い方
スポンサーリンク


ハンドメイドアクセサリーのラッピング

ハンドメイドアクセサリーのラッピングでお困りの時ってありませんか?

私は、アクセサリーを台紙にセットしてOPP袋にいれるのが基本。小さめの段ボールにお洒落な紙パッキンと一緒に入れて配送しています。

包装したハンドメイドアクセサリー

ちなみに紙パッキンは、こういうもしゃもしゃのものです。

ラッピングに困ったらシモジマ!と桃つ的には思っています。包装専門店に行くと色々な種類がありますし、100均でも購入できますが量が少なめなので、試験的に使われる方にはおススメかも。

基本的にはこんな感じで問題なしなのですが、簡単で良いので包装してください的なことをおっしゃるお客様もいるかも?と

自作アクセサリーをプレゼントする時も、ちょっとした包装をしたほうのが良い?と思ったりもしました。

そしたら、「魔法のラッピングペーパー」という商品を発見!のりもテープがいらなくて、簡単にラッピングができてしまうとのこと!

す、すごい!画期的。発売元のサンスター文具株式会社って「象が踏んでも壊れない筆箱」で有名な、あの会社ですね

知らない方のために、↑これが象が踏んでも壊れない筆箱でやんす。

魔法のラッピングペーパーで包装する方法

本題に戻します。

魔法のラッピングペーパーは種類が豊富。その中でもハンドメイドアクセサリーを入れたくなるようなデザインを2種類チョイス。

魔法のラッピング2種類

ウサギちゃんとお花。

写真にもありますが、サイズは17㎝×4m
だから、たっぷり使えます。

シートの裏面同士を合わせると、くっつく仕組みで簡単にラッピングできるんですね。

プレゼント用ラッピングには適してる?

シートの裏面がべとべとしていて、平らな面やツルツルの面にはくっついてしまうのでは?という不安がありましたが、そんな心配は不要でした。

筒状になっているので、シートをカットするときにはマスキングテープで端を留めておくとカットしやすいですよ。

魔法のラッピングペーパーで包装する方法

まったくの初心者🔰マークの私が、コンチョをラッピングすることにしました。
大きさはそれほど大きくないので、幅17㎝で作れそう。

コンチョの縦の長さに合わせてシートをカットします。

魔法のラッピングペーパーで包装する方法

シートをカットしてしまえば、あとはシートの裏面同士を合わせるだけ。

なかなかの粘着力なので、貼り直しはできません!気を許すと、↓のようなシワができちゃいます💦

魔法のラッピングペーパーで包装する方法

そんな時には、シワの部分はハサミでカットしちゃうわけです。

魔法のラッピングペーパーで包装する方法

慣れるまでは、包装するものよりも少し大きめにシートをカットして、シワが出た場合はハサミでカットすることをおすすめです。

我が家にはピンキングばさみがないので、普通のハサミでカットしてますが、切り口が波々になってると可愛いです。

魔法のラッピングペーパーで包装する方法

リボンをつけたり、シールを張ったりすると良いかもしれません。

ハンドメイドアクセサリーのラッピングに使うシール

100均のリボンをちょろっと巻いてみたりして。

魔法のラッピングペーパーで包装する方法

やはり端をピンキングばさみでギザギザにすると可愛さが倍増します!

ボックスを可愛くラッピングする場合は、こちらの動画でチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク


ハンドメイドアクセサリーのテトラ包みに挑戦

平たいものやボックスは比較的ラッピングしやすいのですが、形のあるものは難しいですよね。

ビーズのハンドメイドアクセサリー

ビーズでできたこちらのチャームを「魔法のラッピングペーパー」で包装することにしました。

参考にした公式ホームページのこちらの動画。見たらやりたくなっちゃうww

シートをカットする時には、中に入れるものにしっかりと合わせた大きさにするとキレイにラッピングできますよ。

魔法のラッピングペーパーで包装する方法

中にアクセサリーチャームを入れて、最後に口を閉じます。

意外と簡単かも。時間にして5分かからず。

魔法のラッピングペーパーで包装したアクセサリー

こんな感じで出来上がりました。練習なしのお初の作品。回数重ねればもっときれいになるでしょうけど、まぁまぁ納得。

貼り合わせた一部にパンチで穴をあけて、リボンを付けると

魔法のラッピングペーパーで包装したアクセサリー

ちょっとしたプレゼントラッピングになります。

販売用として活用するには、もう少し練習を積む必要がありますが、知人への気取らないプレゼントなら、十分にカワ(・∀・)イイ!!

やはりラッピングにピンキングばさみ使うと更に可愛さマシマシになりそう!

ピンキングばさみは布用がメインですが、クラフト用・紙用があればそちらのが良いです。布用を使うと、布の切れ味が悪くなるかもなので。

魔法のラッピングペーパーは種類が豊富なので、興味を持たれた方はチェックしてみてくださいね。

楽天で「魔法のラッピングペーパー」をチェックする 

ハンドメイドアクセサリーのラッピングまとめ

「魔法のラッピングペーパー」を紹介しましたが、市販の紙袋を使ったりボックスを使用してもお洒落になりますね。

ハンドメイドアクセサリーを販売したりプレゼントする時に気を付けているのは、ラッピング。

手にした瞬間に、中のアクセサリーが見えなくても笑顔になるかが勝負!と思ってます。
他にも簡単にラッピングできる方法を発見したら、記事にしていきますね。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました