三角カンの役割や使い方は?Aカン、バチカンの代用になる優秀金具

三角カンの使い方や役割basic-tool
この記事で分かること
・三角カンの役割や使い方
・三角カンを使った簡単な作品紹介

三角カンの役割や使い方

パーツとパーツをつなぐ金具として「三角カン」があります。

三角カンの使い方や役割

一般的によく使われるのは「丸カン」や「Cカン」ですが、厚みのあるチャームやビーズを他のパーツとつなげる時に活躍します。

三角カンは、左右に広げて使います。

三角カンの使い方や役割

丸カンやCカンでは、左右に開くのはNGでしたが、三角カンはそのNGを使って広げちゃいます。

ドロップ(しずく)チェコビーズは、ピアスやイヤリングに加えたいアイテム。でも、大きさによっては丸カンやCカンが通らなかったなんてことありませんか?

桃つ
桃つ

そうなんです。大きめのチェコビーズや厚みのある材料は、丸カンやCカンが通らないのでメガネ留めを作っていました

メガネ留めは、天然石のトップを留める時に便利なので習得しておくととても便利です。よろしければこちらにメガネ留めの作り方を紹介しています。

メガネ留めよりも手軽に利用できるのが「三角カン」なのです!

スポンサーリンク


三角カンと厚みのあるチャームやスワロフスキー

三角カンの使い方や役割

可愛いチャームをハンドメイドアクセサリーに使いたいけど、丸カンもCカンにも通らない…

そんな時に三角カンを使って下さい。三角カンを左右に広げたら、チャームの片穴に三角カンを差し込みます。

三角カンの使い方や役割

しっかり差し込んだら、反対側の三角カンを閉めます。

三角カンの使い方や役割

写真のように厚みのあるチャームやスワロフスキーも簡単に留めることができます。

三角カンの使い方や役割

三角カンとドロップ(しずく)チェコビーズ

大きいドロップビーズのトップを留める時にも三角カンを使用してパーツ同士をつなげることもできます。

三角カンの使い方や役割

三角カンを左右に広げたら、ドロップ(しずく)ビーズの片穴に差し込み、反対側の三角カンを閉じます。

三角カンの使い方や役割

三角カンとドロップ(しずく)ビーズでピアスのアレンジ

三角カンの役割や使い方が分かったら、ピアスに応用してみませんか。

シェルパウダーを入れたピアス

レジンでシェルパウダーを封入したピアスになります。夏・海のイメージですが、ここにもう一手間加えて更に夏っぽくしてみますね。

三角カンの使い方 レジンのピアス

ドロップビーズを三角カンでつなげると、爽やかさが増しませんか?

スポンサーリンク


三角カンはAカンやバチカンの代用に

Aカンやバチカンはチャームを簡単にネックレスにつけられる優れもの金具。

バチカンと三角カン

写真のように、大きい厚みのあるスワロフスキーはバチカンやAカンを使います。

Aカン、バチカンの代用に三角カン

三角カンは、バチカンやAカンの代用ができます。

注意しないといけない点は、大きいチャームだと三角カンが開いてしまってチャームを落としてしまう可能性があります。
この点を気をつけて、使用してみてください。

三角カンのまとめ

メガネ留めをマスターしてしまえば、大抵の厚みのあるビーズ、スワロフスキー、天然石も留められますが、三角カンは手軽にパーツ同士をつなげることができます。丸カンやCカンと比べて、使用頻度はそれほど高くないですが、いざという時に役立ちます。

安価で入手できるパーツなので、パーツボックスに常備してはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました