ハンドメイド作家におすすめの特典付き厳選バーチャルオフィス5社を紹介!

ハンドメイド作家におすすめのバーチャルオフィス販売

ハンドメイド作品を売りたいけど、自宅住所を知られたくない!って思っているハンドメイド作家さん、バーチャルオフィスがおすすめですよ。

バーチャルオフィスなら、個人住所や電話番号を公開することなく安心にネット販売が出来ます。

この記事で分かること
・バーチャルオフィスとは
・厳選バーチャルオフィスを紹介

スポンサーリンク


バーチャルオフィスとは?

バーチャルオフィスとは、事業に必要なオフィス機能のレンタルサービスの事をいいます。

実際に事務所を利用するわけではなく、住所や電話番号などを利用するだけの「仮想事務所」です。

レンタルした住所や電話番号は登記登録をすることも可能。だから、低コストで利用することができます。

バーチャルオフィスによってサービス内容は変わってきますが、料金を支払うことで「レンタルアドレス(住所貸)」「電話番号レンタル」「電話用件転送」「郵便受け取り」「郵便物転送」などをしてくれます。

桃つ
桃つ

ハンドメイド作品をネット販売したいけど、自宅住所や個人情報を登録したくない方や、自宅マンションはSOHO禁止の方なら、是非使いたいサービスなんです

特定商取引法とバーチャルオフィス

特定商取引法に基づく表記では、事業者の氏名、住所、連絡先などを記載する必要があります。

自宅住所や電話番号を登録するのには抵抗があるけれど、バーチャルオフィスの住所を登録しても法的に問題はないか?心配になりますよね。

特定商取引法ガイドのサイトでは以下のように記されております。

特定商取引法に基づき広告に表示することとされている住所及び電話番号は、事業を行う上で、トラブルが生じた場合や消費者から問合せがある場合の対応等に備えるためのものです。
そのため、「住所」については現に活動している住所、「電話番号」については確実に連絡が取れる番号を表示する必要がありますが、以下のような措置が講じられ、住所及び電話番号について上記の要件が満たされる場合においては、通信販売の取引の場を提供するプラットフォーム事業者やバーチャルオフィスの住所及び電話番号を表示することによっても、特定商取引法の要請を満たすものと考えられます。
・個人事業者がプラットフォーム事業者の住所及び電話番号を表示する場合、当該個人事業者の通信販売に係る取引の活動が、当該プラットフォーム事業者の提供するプラットフォーム上で行われること

個人事業者がプラットフォーム事業者又はバーチャルオフィスの住所及び電話番号を表示する場合、当該プラットフォーム事業者又は当該バーチャルオフィスの住所及び電話番号が、当該個人事業者が通信販売に係る取引を行う際の連絡先としての機能を果たすことについて、当該個人事業者と当該プラットフォーム事業者又は当該バーチャルオフィス運営事業者との間で合意がなされていること

個人事業者がプラットフォーム事業者又はバーチャルオフィスの住所及び電話番号を表示する場合、当該プラットフォーム事業者又は当該バーチャルオフィス運営事業者は、当該個人事業者の現住所及び本人名義の電話番号を把握しており、当該プラットフォーム事業者又は当該バーチャルオフィス運営事業者と当該個人事業者との間で確実に連絡が取れる状態となっていること
ただし、個人事業者、プラットフォーム事業者又はバーチャルオフィス運営事業者のいずれかが不誠実であり、消費者から連絡が取れないなどの事態が発生する場合には、特定商取引法上の表示義務を果たしたことにはなりません

特定商取引法ガイドより引用

ですので、バーチャルオフィスの住所や電話番号を登録することは、法的には問題ありません

ハンドメイド作家におすすめの厳選バーチャルオフィスを紹介

売れっ子ハンドメイド作家ともなれば、月額利用料もそれほど気にならないかもですが、作品を販売し始めた方やハンドメイドYouTuberとしてスタートした作家さんなら、少しでも安くて特典付きのバーチャルオフィスを利用したいですよね!

そこで、低価格でありながらもしっかりしたサービス付きの厳選バーチャルオフィス5社を紹介します。

バーチャルオフィス 和文化推進協会

バーチャルオフィス「和文化推進協会」業界最安値のワンコイン500円で、バーチャルオフィスが使用できます。



 和文化推進協会(和文協)は、日本を拠点に活動する作家、クリエイター、アーティスト、職人等の方々を支援する活動を行なっている非営利団体です。

ハンドメイド作家を中心としたネットショップ等で 作品やサービスを販売する方々の個人情報を守る為にバーチャルオフィスの運営を始めた和文化推進協会だから、ハンドメイド作家さんに嬉しい低価格で提供してくれるのです。

レンタル住所は 京都府京都市の「京都ブランド」。使用可能な電話番号は2つ。

京都市のバーチャルオフィスだけど…。そう思われる方いると思いますが、全国から利用登録されています。

1位 京都府 15%
2位 東京都 12%
3位 大阪府 11%
4位 兵庫県  8%
5位 愛知県  7%
6位 神奈川県  6%

他にも、千葉、埼玉、北海道、広島、福岡など全国のユーザーさんが利用中。

和文化推進協会 公式サイト

ハンドメイド作品がなかなか売れない…そんなお悩みを持つハンドメイド作家さんをサポートする支援プログラムもあります。フォローワー数1.2万人のInstagramでの作家さん紹介などなど、宣伝活動もしてくれますので、気になる方は、【作品が売れる&個人情報を守る】ハンドメイド作家向け支援プログラムもチェックしてみてくださいね。

ハンドメイド作家向け支援プログラム公式ページ

バーチャルオフィス NAWABARI

バーチャルオフィス【NAWABARI】は、ハンドメイド作家やYouTuber、インフルエンサーなどの個人事業主や起業間もない法人・個人事業主に優しい価格で使用できます。



1ヵ月単位での使用は 1,480円(税込 1,628円)ですが、1年プランを利用すると月額980円(税込 1,078円)と更に安くなります。また登録できる住所は東京都目黒区登録できる電話番号は03から始まります。

年払いプランを利用の方は、「wlgcy5」のキャンペーンコードを記入すると初月無料になります

【おすすめポイント】
・年プランなら月々980円(税込 1,078円)で東京都目黒区の住所が利用可能
・利用料金には、住所・電話番号の使用だけでなく、郵便物受取・電話用件転送も利用できる
・最短当日契約開始することができる
・BASE、ユニバーサルミュージック合同会社、17LIVEなどと提携中

バーチャルオフィス【NAWABARI】の申し込み方法やバーチャルオフィスを利用するメリットを紹介した動画があります。弁護士YouTuberさんの分かりやすい解説もお見逃しなく。

バーチャルオフィス【NAWABARI】公式ホームページ

フリーナンスのバーチャルオフィス

フリーナンスのバーチャルオフィスは、「銀座」という一等地に住所を持つことができます。

しかも、月額770円からと格安なお値段!銀座でこの金額は、なかなかないですよ!

フリーナンスのバーチャルオフィス利用料

フリーナンスのバーチャルオフィスを利用するには、フリーナンスの登録が必要になります。フリーナンス

は、初期費用・月額費用が無料で利用できる「お金と保険」の安心補償サービス

フリーナンスについては、こちらの記事にまとめてあります。

フリーナンスバーチャルオフィスの公式ホームページはこちら

バーチャルオフィス Karigo

バーチャルオフィスのKarigoなら、次のようなプランがあります。

バーチャルオフィスのサービスプラン

ハンドメイドアクセサリーの販売なら、ホワイトプランで十分です。
全国展開しているから、自宅住所を使いたくないという方はお近くの店舗をチェックしてみてくださいね。

▼SOHO・起業家・週末起業家が使うバーチャルオフィス

バーチャルオフィスならKarigo 公式ホームページ

DMMバーチャルオフィス

テレビCMでお馴染みのあのDMMもバーチャルオフィスサービスを展開しています。IT企業として実績があるDMMは【スマホにOffice】をコンセプトにした最先端バーチャルオフィス。

【おすすめのポイント】

・住所の貸し出し、電話番号の貸し出し、荷物の転送サービスと必要なサービスが揃っている
・月2,300円〜(税別 年間契約時)と、他社と比べてリーズナブルな価格
渋谷・銀座のオフィスともに築1年以内の新築物件のため、雑居ビルなどの住所ではない
・全国40拠点の開設を目標に全国展開の準備中(9月に大阪オフィス開設予定!)
・登記可能物件だから、売上が大きくなった際の法人化もスムーズ!

読者限定クーポン 【GQR932】
申し込み時に紹介コードを入力すると、年間契約時にプランの初月分が無料に。
(単月契約/半年契約は適用外になりますのでご注意ください。)

更に、新たなサービスを開始。ネットショップ支援プランです。

ネットショップ支援のバーチャルオフィス

ネットショップ支援プランだと、銀座の住所利用はできませんが、渋谷、梅田、福岡の住所が利用可能!

ハンドメイド販売はバーチャルオフィスを利用する

DMMバーチャルオフィス公式ホームページ

バーチャルオフィス レゾナンス

更に、もう少しコストを抑えたいという方は、月額1650円!東京都内一等地のバーチャルオフィス【レゾナンス】もチェックしてみてください。

通常月額3,300円ですが、半年払いや年払いにするとキャンペーン価格で利用することが可能。

法人登記郵便物の毎週末転送がすべて込みで月額1650円というリーズナブルな価格の上、 レゾナンスは必ずスタッフ常駐しているのもポイント!バーチャルオフィスの中には、スタッフが常駐せずに無人のところもあるので、もしバーチャルオフィスを契約する時はその点も確認してくださいね。

バーチャルオフィス【レゾナンス】公式ホームページ

バーチャルオフィスのまとめ

個人住所を公開することで、さまざまなトラブルが発生してしまうこともあります。

クレーマーからの嫌がらなど、できればそういうことから避けて作品作りや販売に集中したいですよね。バーチャルオフィスは、個人情報を公開せずにネット販売ができるので安心度はぐっとあがります。

また、バーチャルオフィスに支払った料金は必要経費にもなるので、領収書はしっかりと保管してしっかりと申請してくださいね。

スポンサーリンク


販売
スポンサーリンク
桃 つゆみをフォローする
スポンサーリンク

手作りアクセサリー初心者からハンドメイド作家をめざそう

コメント

タイトルとURLをコピーしました