PR

おすすめしたいエコバッグ【シュパット・Shupatto】

おすすめしたいエコバッグのシュパットmisc
記事内に広告が含まれています。

マイバッグ(エコバッグ)を携帯する習慣がついてきましたが、これぞというエコバッグになかなか出会えなかったんです。なぜなら、使ったあとにたたむのが面倒だったので。

これが解消できたら…と思っていました。

 

ハンドメイドから離れた内容なのですが、エコバッグのシュパット・Shupattoが、とても使いやすかったので紹介したいなぁと記事にしてみました。

 

この記事で分かること

・シュパット・Shupattの使いやすさ
・エコバッグと使い捨てバッグ、どっちがお得?

 

スポンサーリンク


 

シュパットはシュパットたためる!

名前の通り、シュパット簡単にたためるのが特徴。

 

おすすめエコバッグのシュパット

 

シュパッと、10秒程できれいにエコバッグがたためちゃうんですよ。

 

おすすめエコバッグのシュパット

こんな感じ👆。

 

桃つが画像で説明するよりも、こちらの動画を見ればシュパットがどれだけ簡単にたためるかが分かります😊

 

 

今まで、布製のエコバッグや、たためるナイロンバッグを使ってきましたが、こんなに簡単にたためるエコバッグは初めて。

 

 

 

コンパクトだから持ち運びラクラク

エコバッグを選ぶ時のポイントに、かさばらずに持ち運びができるかも重要!

 

おすすめエコバッグのシュパット

 

画像左がシュパットのLサイズ、右がMサイズですが、2つ並べても私の手のひらよりも小さいです。

 

おすすめエコバッグのシュパット

 

立ててみて厚みをみると、こんな感じ。

Mサイズのシュパットなら、いつも持ち歩くバッグに忍ばせておいてもじゃまにならないです(桃つの感想ですが)

 

シュパットの利点をまとめてみた

コンパクト性と軽量性

 

おすすめエコバッグのシュパットMサイズLサイズ

 

Shupattoはたたむと非常に小さくなります。

Mサイズはわずか75.73g(桃つ計量)

Mサイズで、約15Lの容量が入り、耐荷量は5㎏

 

Lサイズは157.42g(桃つ計量)

Mサイズで、約31Lの容量が入り、耐荷量は15㎏

Lサイズはレジカゴにかけられる大きさので、お買い物した後の袋入れがラクラクです。

 

レジカゴ

 

イオンのレジゴーを使ったショッピングでは、支払い後の袋詰めが楽なのでとても重宝してます。

 

耐久性

シュパットは、通常のプラスチック製のエコバッグよりも耐久性が高いです。だから、何度も繰り返し使用することができ、長期間にわたりサステナビリティを促進します。

 

デザインとカラーバリエーション

シュパットは様々なデザインやカラーで提供されていることがあり、個々の好みやスタイルに合わせて選ぶことができます。

ファッション性を重視する人にとって魅力的なんです。

 

お手入れ簡単

洗濯機の標準コースで洗うことができる素材で作られています(水温40℃以下)。

清潔さを簡単に維持することができます。

 

使い捨てのレジ袋とエコバッグ、どっちがお得?

1枚2円~5円で購入できるレジ袋。

エコバッグを持っていき忘れた!という時には、購入することがあります。

 

エコバッグを購入するのと、レジ袋を毎回買うのと、どっちが得なの?って思う方もいるかもしれません。

 

コスト面を考えると、 エコバッグは初めに購入する際に一定の初期投資が必要です。

一度買えば繰り返し使えるため、長期的に見ればコストが抑えられる可能性があります。

 

使い捨てプラスチックバッグは、 だいたい一回限りの使用なので、購入時のコストが低いですが、毎回新しいバッグを購入することになり、長期的には総費用がかさんでいく可能性があります。

 

レジ袋を購入

 

エコバッグの耐久性で使用年数も変わってくるので、エコバッグとレジ袋のどちらがコスト面でお得なのかは、はっきりお伝え出来ません。

 

しかし使い捨てプラスチックバッグ(レジ袋)は、環境に対しては負担が大きく、海洋や陸地の汚染の原因となる可能性があります。

 

エコバッグを使用して環境への負荷を減らすことで、将来的に地球環境に与える影響はプラスに働くのではないかなと思います。

 

軽量で携帯しやすいシュパット、私は使い始めてとても気に入っています。

Lサイズなら、ロピアやOKでの量の多いお買い物でも容量があるので安心ですよ。

気になる方は、チェックしてみてくださいね。

 

Amazonでシュパットをチェックする 

楽天でシュパットをチェックする

 

misc
スポンサーリンク
桃 つゆみをフォローする
スポンサーリンク

手作りアクセサリー初心者からハンドメイド作家をめざそう

コメント

タイトルとURLをコピーしました