ハンドメイドアクセサリーの販売・おすすめのネットアプリはどれ?

ハンドメイドアクセサリーの販売方法販売

ハンドメイドの作品作りにも慣れてきたし、友人や知人からの太鼓判ももらった!
そろそろ本格的に販売に進みたいのだけど、さてさて何から始めたら良いの?と悩みますよね。

まずは、スマホで登録できるネットアプリでの販売からスタートしてみてはいかがでしょうか。
アプリ販売に慣れてきたら、更に集客を求めてセミカスタマイズできるネットストアに移行してみるのも一つの方法です。

この記事で分かること
・ネットやアプリ販売できるサイトはどこ?
・どこのサイトが販売手数料や振込手数料が安いのか。
・販売サイトの特徴
スポンサーリンク


ハンドメイド作品の販売方法には何がある?

桃つ
桃つ

自分のハンドメイド作品を販売して収益を得る、ここまでくれば肩書に「ハンドメイド作家」をつけても良いのではないかと思っています

ハンドメイド作家の定義っていうものがはっきりしないのですが、アマ・プロはあまり関係ないようですね。1つの目安になっているのが、販売経験があるかないかということ。

自費・依頼を問わずレシピ本を出版していたり、作品をネット上で公開していたり、第三者から作品の価値を認めてもらっている場合も「ハンドメイド作家の目安」になるようですよ。また、ハンドメイドの資格を取得するというのもありかもしれません。

▼詳しくはこちらの記事に書いてますので、良かったらチェックしてください。

 

話がそれてすみません。。。

ハンドメイド作品の販売ですが、インターネットを使用して販売をしたり、自分のアトリエを持って対面で販売する方法などがあります。

ネットを使用せずに販売するには、委託販売レンタルボックスを借りて販売をする方法が販売初心者のハンドメイド作家には多いようです。

自宅をアトリエとして利用できれば経費もかかりませんが、場所を借りてアトリエ持つと賃貸料も発生しますし、何かとハードルが高くなります。

委託販売やレンタルボックスでの販売考えている方は、こちらの記事をまとめていますので参考にしてみてください。

ハンドメイド作品のおすすめ販売サイトをチェック!

ハンドメイド作品を販売できるサイトはどこがあるのかチェックしましょう。

ここでポイントとなるのが登録者数利用者数)。

もちろん手数料や振込手数料もチェックポイントになりますが、そのサイトを利用する人が少なければ、自分の作品が目に触れる機会も少なくなってしまいます。

そこもチェックしながら、目的に応じて登録する販売サイトを選んでみてください。

おすすめ販売サイト

・minne ・Creema ・BASE ・メルカリ ・ラクマ ・Etsy

 ハンドメイド作品をminneで販売

ハンドメイド作品を作っている方だけでなく、作品を購入したい方の認知度が高い、国内最大規模の販売サイトがminneです。

初期費用0円
販売手数料9.6%(税抜)
10.56%(税込み)販売価格に送料含む
振込手数料一律220円
振込日月末〆の翌月末支払い
最低振込金額なし
運営会社GMOペパボ株式会社

全国各地の68万人の作家さんの手によってひとつひとつ丁寧に作られた、1000万点のハンドメイド作品が出品されています。

minneの特徴

販売するだけでなく、購入する側にまわってもハンドメイド作品、食品、ペットグッズ、アロマ関連とたくさんの作品が出品されているので、見ているだけでも楽しくなります。

周囲にヒヤリングしてみたところ、ハンドメイド作品を購入するサイトは?の質問に、多くの人が「minne」と答えてくれました。

「ハンドメイドアクセサリーを探す」という目的を持った人なら、minne、Creemaと答える比率が圧倒的に高いです。

2012年にスタートし、国内での販売がメインになっています。

minneを利用して販売する作家さんは、自分のハンドメイド作品に自信を持っている方がほとんどです。
そのため、販売初心者の方は「私の作品で通用する?」と不安を抱えてしまう方が多いかもしれません。
出品されている作品をたくさん見たり、minne主催のハンドメイドイベントに出かけて実際に作品を触れてみてください。

ハンドメイド作品をCreemaで販売

国内ではminneに次いで大きいハンドメイド販売サイトがCreemaです。

初期費用0円
販売手数料10%(税抜)
11%(税込み)
振込手数料30,000円未満は176円
30,000円以上は275円
PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)が振込先なら55円
振込日申請して振込予約をする
最低振込金額なし
運営会社株式会社クリーマ

国内にとどまらず、台湾や香港を中心とした中国語圏にも販売を拡大しています。海外にもハンドメイド作品を販売したい(販売経路を広げたい)、方には良いかもしれません。

ただ、海外での販売手数料が16%(税抜)と国内の販売手数料よりも6%上がってしまうので注意してください。

Creemaの特徴

個人的な意見でもありますが、Creemaの方のが職人気質のハンドメイド作品が多いような気がします。

ちょっと癖があって、好きになったらその作家さんの作品をリピしたくなる、そんな作品が目につきます。

Creemaも、ハンドメイドの材料や道具の購入ができますし、レジンのモールドやカボションでも個人的に気になるものが多い気がします。

Creemaを利用して販売するのであれば、PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)に口座を持っていると振込手数料が安くすむので口座を作っておくことをすすめます。

スポンサーリンク


ハンドメイド作品をメルカリで販売

ハンドメイド作品だからといって、ハンドメイドサイトじゃないと販売できないわけではないので、積極的にフリマアプリも活用しても良いかもしれませんね。

初期費用0円
販売手数料10%(税込)
振込手数料通常振込手数料200円(税込) お急ぎ振込は更に200円(税込)プラス
振込日申請して振込予約をする
最低振込金額なし
運営会社株式会社メルカリ

メルカリの売り上げ金額は、メルペイやメルカリポイントとして利用することが可能。
メルカリの支払いにも使用することができます。

招待制度があり、利用するとメルカリポイントがもらえます。

メルカリの特徴

おうち時間で、メルカリを活用した方が多いのではないでしょうか。

フリマアプリはハンドメイドに特化していませんが、1日の利用者が1500万人以上と多くの方が利用します。

また、ハンドメイド作品を販売している方もいますし、ハンドメイドの材料や道具も安く購入できます。

押花やミニバラのドライフラワーなんかは、メルカリで購入することが多いです。

球体モールドで作ったバラのレジンリング

▲ミニバラのリングをハンドメイドしたのですが、このサイズの超ミニバラのドライフラワーは入手困難。メルカリで購入してます。作り方は、こちらのページを参考にしてくださいね。

ハンドメイド作品をラクマで販売

メルカリと同じフリマアプリです。楽天ポイントを活用したい方には、ラクマはおすすめかも。

初期費用0円
販売手数料6%(税抜)
6.6%(税込)
振込手数料10,000円以上で楽天銀行振込だと無料
9,999円以下で楽天銀行だと210円
金額・金融機関問わずなら210円
振込日申請して振込予約をする
最低振込金額なし
運営会社楽天株式会社

ラクマの販売手数料は最安で3.5%(税抜)でしたが、2021年1月13日に6%(税抜)に改定されました

招待制度があり、招待コードがあるとラクマポイントがもらえます。

ラクマの特徴

メルカリよりも利用人数が少ないですが、販売手数料が安いのは魅力!

運営会社が楽天株式会社で資金力があるので、定期的にキャンペーンをしてくれます。
ハンドメイド作品を販売している人もいますが、メルカリと比べるとハードルが下がっている気がします。

ハンドメイドの材料も購入できますが、メルカリに比べるとちょっと少な目かな。
メルカリとラクマの両方を利用して作品を出品している方もいます。上手に利用してみてください。

スポンサーリンク


ハンドメイド作品をBASEで販売

「ネットでお店を開くならBASE」のCMでお馴染みですね。

BASEなら、カスタマイズ自由で自分のお店が開けます。ハンドメイドアクセサリーの販売も、ネットアプリとネットストアの両方利用し、少しずつ顧客が増えてきたらネットストアに移行するのもありかも。

初期費用0円
販売手数料BASE簡単決済手数料 各注文ごと 3.6%+40円
サービス利用料 各注文ごと 3%
振込手数料一律250円
振込申請額が20,000円未満の場合事務手数料500円必要
振込申請額が20,000円以上なら事務手数料0円
振込日申請して振込予約をする
振込予定日は申請から土日祝日を除く10営業日
最低振込金額なし
運営会社BASE株式会社

BASEの特徴

BASEはプレミアムプランなどといった複雑なプランがないので、使いやすいのかも。

600万人が利用するショッピングアプリで、ハンドメイド作家さんも利用する方が増えています。

販売手数料がちょっと計算面倒な感じがしますが、冷静に計算すると10%の手数料を取るネットアプリが多い中、それと比較するとお安いんですね。

ハンドメイド作品の販売・おすすめネットアプリのまとめ

今回紹介しようと思った「Etsy」は、海外販売したり販売経路を広げたい方におすすめなのですが、コロナ禍で郵便の規制などもあるため、残念ながら割愛しています。

でも、Etsyで販売している作品はとても素敵なので、是非参考にしてみてください。

ハンドメイドマーケットアプリで作品を販売するメリットや、フリマアプリするメリットデメリットはあると思います。大切なのは、自分の作品を多くの人に知ってもらうこと!

InstagramやTwitter、無料のブログサイトを利用して、情報発信してくださいね。

今回紹介した公式ホームページへいくならこちら

スポンサーリンク



 

販売
スポンサーリンク
桃 つゆみをフォローする
スポンサーリンク

手作りアクセサリー初心者からハンドメイド作家をめざそう

コメント

タイトルとURLをコピーしました